Menu

脱毛機の種類と特徴

脇

肌質・毛質にあった機械で

美容クリニックで行われる脱毛では、医療レーザー機器が使用されます。医療レーザーの特徴は、レーザーが真っすぐ毛根組織まで届いて破壊するため、脱毛効果が高いことです。しかし、レーザー脱毛機には複数の種類があり、特徴はさまざまです。効率的に脱毛したいのであれば、それぞれの肌質や毛質によって適切な機器を選ぶことが重要です。主なレーザー脱毛機の種類は、ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー・ヤグレーザーです。ダイオードは波長を細かく調整でき、幅広い肌質に対応できます。肌表面に影響を与えず毛根に照射できるので、軽度の日焼け肌にも対応可能。他のレーザー脱毛機が苦手なうぶ毛にも効果が期待できます。また、冷却装置がついているため、肌を冷やしながら照射でき、痛みが軽減されます。施術前のジェルの塗布も不要です。アレキサンドライトは日本人の体質にもっとも合っているとされているレーザー。照射の際に、コラーゲンの生成を活性化させる作用があることがわかっており、脱毛だけでなく美容効果も期待できます。部位によって痛みを強く感じることがあります。ヤグは濃い毛にもしっかり対応でき、波長が長くて一直線に深奥部に届くため、皮膚表面にはあまり影響しません。そのため、日焼けした肌でも対応可能です。ただし、施術時の痛みはかなり強めです。痛みに弱い人にはあまり向いていないでしょう。美容クリニックによって、どの種類を導入して施術しているかは異なります。1種類のみ導入しているクリニックの場合、肌質に合わなければなかなか効果がでないということもあり得ます。複数の種類を導入していて、肌質や毛質に合わせて機械を使い分けているクリニックを選ぶと良いでしょう。また、カウンセリングでレーザー脱毛のテスト照射を行っているクリニックもあります。合うかどうか試せるため、そういったクリニックもおすすめです。